top of page

12月21三角みづ紀さん「みんなで一冊の本を作ろう」


こんにちは。シンクスクールジュニア事務局です。

今日も詩人の三角みづ紀さんの授業です。



先週のお約束の宿題は、みんなしっかり完成させてきました。

ということで、さっそく新しく詩を書くことになりました。





「最初の一行が書けない」という声を聞いて、三角さんが「くじ引きみたいにやってみよう」と提案しました。

紙に一行だけ詩を書いて、たたんで机の真ん中に出します。みんな出し終わったら一人ずつその紙を引いていきます。その一行を詩の冒頭に使っても良いし、途中に入れても良いというルールです。



不思議なことに、くじを引いてからみんなスラスラと書き始めていきました。

三角さんも書いています。




同時進行で、連詩も書くことになりました。前回とは違った順番で詩が回ってきます。

連想ゲームみたいに考えて内容がつながっていれば大丈夫、と三角さんがアドバイス。

先週よりみんな悩む時間が短く、書くスピードが早くなりました。

そして「詩を書くの楽しい!」との声も出てきました。

先週は戸惑っているように見えたのに素敵な変化ですね。




みんな黙々と書いていきます。



スマホで言葉を探す…今どきですね。



不安や疑問があったら三角さんにお話しします。





書き終わったらみんなに見せます。





どのくらいのページ数の本になるかしら。






詩を書くのが楽しくなった2週間でした。


どんな本ができあがるのでしょう。

来年は1月11日の企画の日から始まります。

お楽しみに。










閲覧数:33回0件のコメント
bottom of page