10月20日 「お芝居を体験しよう!」



こんにちは!シンクスクール事務局です。


今日はテラスにシートをひいて、演劇の授業です。

講師は弦巻楽団という劇団の代表で脚本、演出を手がけ役者でもある弦巻啓太さんです。

「お芝居見たことある?」「お芝居やったことある?」とお話がはじまりました。




それから二人ひと組になってじゃんけんをしました。

勝った方が負けた人の手を握る。負けた人は握られないように手を引っ込める。

ペアを変え何回か繰り返します。

「じゃんけんに必ず勝つ方法ってある?」と聞かれて、 みんな「あとだし!!」と答えます。実際やってみると、あとだしなのになぜか勝てない時があります。

みんな思わず笑ってしまいました。




次はジェスチャーしりとり。

自分が見たままの動作を言葉に置き換えて、最後の文字からはじまる言葉で自分がジェスチャーをして次の人に伝える。その人がわかるまでやり続ける。同じ動作をしても伝わらないので、弦巻さんのアドバイスで動作を少し変えたり、めりはりをつけたり。

お芝居って言葉を動作に変えているんだ!?

みんなの中から、「これって、前にやった壁画しりとりと似てるね!!」そう、相手がなんという言葉を伝えたいか、見ている自分が解釈して次の人に伝えるところが似てますね。


一巡したところで、答え合わせ。ジェスチャーをした人はなんという言葉を伝えたかったか。それを見た人はなんだと思ったか。難しいけど面白かったようです。






5人で何か一つのものになる。みんなはクルマになりました。

4人がタイヤで一人が車体。走ると4つのタイヤが転がります。






「どう見える?」 一人が座って、一人が立っています。

「怒られてる!」確かにそう見えますね。

「じゃあ、こうしたら」「あっ、逆に見える」……お芝居って面白いですね。




エイトビートに合わせて一人づつ動いていきます。 なぜかみんな一箇所に集まっちゃう。






最後に、お題が出て、それの内容に合わせた記念撮影。

誰がどんな役割をするか、どこに立つかみんなで決めていきます。




今日の授業はここまで。

なんとなくお芝居がわかってきたような気がしました。

今日はみんなよく笑い、よく動きました。


次回も弦巻啓太さんの演劇の授業が続きます。

お楽しみに!


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示