12月授業「イラストを描いて、壁に大きな絵本を作ろう」

こんにちは。シンクスクールジュニア事務局です。


12月の授業では、イラストレーターの大西洋さんを講師にお迎えして、

テラス計画の壁にみんなで大きな絵本を描きました。

ストーリーや登場するキャラクターも、すべて子どもたちが考えます。


初回の授業では、大西さんからイラストレーターのお仕事についてのレクチャー。

ただ絵を描くのではなくて、内容をわかりやすく伝える手助けとなること、

依頼者のイメージや細かな要望に答えることが大事とのこと。





授業の後半で、早速絵本づくりに取り掛かります。

この週ではまず、絵本に登場するキャラクターとストーリーを決めていきました。


1人1枚ずつ配られた紙にキャラクターの名前を書いて、くじ引き。

自分が引いた紙に書かれた名前から、どんな見た目でどんな性格のキャラクターなのか想像して、イラストにします。


絵本は表紙と起・承・転・結の5章構成。

キャラクターづくりと同じ要領で、くじ引きでストーリーをつくり、

それぞれの担当ページを決めていきます。






みんなのユニークな発想で出来上がった、一見まとめるのが難しそうなキャラクターやストーリー。

ここからどんな絵本になるのか…?ドキドキです!



2回目の授業からは、早速壁にみんなで絵を描いていきました。

ここまで大きな絵を描くのは初めて、と話す子どもたち。

学校の授業や普段の生活では、なかなかこんな風に壁に絵を描くことはないですよね。


子どもたちは、担当するページのディレクターとして、他のみんなにイラストをお願いしていきます。また、自分が考えたキャラクターを、それぞれのページのディレクターの要望に沿って描いていきます。

1人2役をこなさなければいけないので、みんな大忙し!





大きな刷毛で思いきり良くダイナミックに描く子もいれば、

細い筆で下書きをしてからじっくり丁寧に描いていく子もいて、

それぞれの個性があらわれています。








最後の仕上げに、大西さんからアドバイスをいただきながら、よりストーリーの情景が伝わるような細かなモチーフを入れたり、自分が担当したページにサインを入れたりして、なんとか時間内に完成!

締切を守るのも、イラストレーターのお仕事では大切なことです!





こうして出来上がった絵本は、1月31日(日)までテラス計画で展示しています。

ぜひ見にいらしてくださいね!


------------------------------------------------------------------

【ヘキガ計画vol.4 大西洋+シンクスクールジュニア「わたしたちの大きな絵本」】


4回目となるヘキガ計画は、イラストレーターの大西洋さんとシンクスクールジュニア生とのコラボ企画です!シンクスクールジュニアは、まちづくりやアートなどクリエイティブな分野で活躍している講師から多様なお仕事を学びながら、子ども達の想像力を育むスクールです。

2020年12月の授業で大西洋さんを講師に迎え、テラス計画の壁面に大きな絵本を描きました。1人1ページを担当し考えた、オリジナルのキャラクターやストーリーからどんな作品が出来上がったのか?みなさま、どうぞお立ち寄りください。


会 期|2020年12年17日(木) ~ 2021年1月31日(日) 11:00-19:00

講 師|大西 洋(イラストレーター/大学教員)

制 作|シンクスクールジュニア生[荒井純怜、伊藤諒哉、櫻井美鈴、庄子和花乃、山内照子(50音順)]

場 所|眺望ギャラリー「テラス計画」(札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階)

問 い|011-211-4366|terracekeikaku@gmail.com

W E B|https://www.terracekeikaku.com/

------------------------------------------------------------------

31回の閲覧0件のコメント