5/12 「日本画を体験してみよう」

こんにちは!シンクスクール事務局です!

今月の授業は、日本画家として活躍されている

葛西由香さんを講師にお招きして授業です!


まずは葛西さんのお仕事紹介と日本画についてお話していただきました。

日本画で使われている絵の具や膠(にかわ)のことについても紹介していただき、

今回の授業では、水干絵の具という種類の絵の具を使うことになりました!



今回、みなさんにはモチーフを用意していただきました。

ぬいぐるみや猫の貯金箱、ランタンやコップなど様々なものがあります。

モチーフを作ってきてくれた子もいました!



まずは、下描きをします。鉛筆でモチーフを等身大で描き写していきます。

下描き用の紙に色紙のサイズがわかるように跡をつけます。

その中に自分の好きな構図でモチーフを描いていきます!

なぜ、色紙に直接下書きしないの??という疑問がありそうですが、この後わかります。


みんな黙々と描いています。

コップを計測しながら正確に描き写したり、複雑なモチーフに苦戦しているようです。

もっと時間がかかると思いきや… 次々に「できた!」の声が。

半分以上時間を余して完成した子もいました!驚きです!



鉛筆での下描きが終わり、次は色紙にトレースする作業に入ります。

色紙と下書きの間にカーボン紙を挟み、なぞります。


これで下書きの作業は完了です!

余った時間で、ハンコのデザインを考えました!

完成した作品に押すためのものです。

日本画に押してあるのを見たことがありますよね!

今日はこれを作って終わりにしましょう!


次回はいよいよ色をつけていきます!

完成が楽しみです!


57回の閲覧0件のコメント